人生2018.01 / FGOで人生を学び直した #現在の弊カルデア2016


今年、自分の人生であと何がやれたら楽しいのか突き詰める精神的な旅をしていた。
主にカルデアを拠点として。

それを#人生2018のタグととともに投稿してあとでまとめようと思っていたのだけど、年間通して何を一番考えたか、何に時間をかけたか、どんな努力をしてきたのか…そういうことを考え、結論として一番やってたの、FGOだわ。

で、時間の使い方、物事の楽しみ方に関していろいろな学びがあったのでまとめてみたい。

FGOで学んだこと

・勝つか負けるか、自分が満足するかはカネをかけたかと同義ではない。
・時間をかければ色々となんとかなる。先行する他人に追いつける。
・誰と時間を過ごすかは大事。自分が心地よく時間を過ごせる相手を選ぶべき。
・それぞれの楽しみ方がある。それぞれのペースでそれぞれの物語を楽しめばいい。
・目の前に報酬を、ニンジンをつってくれると頑張れる。退屈な作業も報酬次第。

FGOで学んだこと総括:
それぞれのやり方で物事を楽しめばいつ何を開始しても良いし、時間をかければなんとかなることを思い出したが、この一年でやったことをあと30~40回ぶん周回して人生は終わってしまうのだから、やること絞ってやっぱ目標持ってやらないとだめだな

まず、2018年何をやっていこう、俺は何をやっていたら楽しいのだろう、と何もわからなかったから、正月にFGOを始めてみた。

正確には、2017年にアカウントだけ作って放置してたんだけど、2018年の正月に再開してみた。



せっかくだからあとでログを見返したりするために「#現在の弊カルデア2016」のタグをつけてスクショをとっていった。

2016、となっているのは、2年以上前に開始したユーザーがほとんどだったので、みんなが2018年のFGOを遊んでいるのに対して自分は後発で2年遅れであったから。

そこに追いつくにはどうすればいいんだろう?と考えながら開始し、自分の行動を観察して改善して行くべきだと考えた。
正月に開始してなんもわからんままガチャに石突っ込んだので大量の正月礼装とスカ師匠が来て、その後大いに役に立った。無課金でも続けられたのはたまたまやってた正月ピックアップで来たスカ師匠と、NP付与の正月礼装のおかげ。


星によるレア度のシステムや、ガチャの概念を当初はしならなかったので、主に清姫ちゃんを主力として数カ月戦ってきた弊カルデア。唐突にそこへ別の女がやって来て、人類史と弊カルデアを混沌に叩き込むことになる。


こいつです。
結局こいつがだいたいの局面でボスを撃ち破っていく。またぐらに吸い込んで。





石油王というマスター名でプレイしているので、やってるうちにだんだん石油王としての自覚、産油国のマスターとしての自覚が出てきてアラビア方面出身のサーヴァントを優遇するようになった。









一年やってたら育てたキャラクターのレベルも上限に追いついて、無課金で楽しめる範囲では最大限遊んでみたという感じになった。
ストーリー的にも現在公開されてるぶんは全て終わらせた。


FGOが忙しくて、今年はあまり旅行に行かなかった。まあこれまでも海外で暇すぎてスタバでパソコン開いたり空港ラウンジでスマホいじるとかばっかだったけど、今年は片手で数えるくらいしか旅行に行かなかった。


たまに出かけてもやっぱ空港や現地でFGOやってた。「周回プレイ」というやつをずっと。




シリコンバレーでもスタバで開発する客を尻目にFGOやってた。





レベルを上げたりするための素材集め「周回」をする時間をいかに有意義に過ごすか考えて、ドラムを叩きながらやったりしてた。








何度もドラムを叩きながらスマホを落として割った。FGOのせい。






というわけで時間の使い方、人生における周回のような雑務のやり過ごし方、その他色々FGOを通して学んだことは多いのだけど、副次的な影響として、フレンドになってくれた人と交流が生まれたりもした。




「ゴルフみたいなもんです」と人には説明していたのだけど、それで実際、社会人で普段合わないような人たちと定期的に同じ活動をやってる感が生まれ、各位の戦い方の違いに性格が反映されていたり、FGOをプレイすること単体以上にそれを元にした交流を楽しんだ。

FGOのフレンドになってくれたサポ全鯖レベルマスキルマのオタクと酒を飲みに行ったら奢られて動揺してスマホを割ったりもした。




そもそもなぜ、FGOというゲームをやってみようと思ったのか?

去年、各地の南の島に行ったり、イタリアやニューヨークやその他いろんなとこを歩いたりして、もう海外旅行は飽きたなーじゃあ何して暇つぶししていけばいいんだろう。。。と困ることになった。

で、やりたいことリストを頑張って書いてみたりしたんだけど、「ゲームやる」という項目がここ数年ずっとあって、でもなかなかそれのモチベーションがなくてできていなかった。

子供の頃は、将来ゲームを作りたいと思っていて、それでパソコンも音楽もやるようになり、ゲームを作ったり音楽が作れる大人になろうと決心していたのだけれど、結果として、ゲームに関して意気込みが強いため、逆に、料理人がレシピを想像しながら触ってみる感じで分析する対象になってしまい、あまり気軽にゲーム自体を楽しめなくなって行った。

2018年の正月、「マジでやることないな。。。正月休みに旅行行く先も思いつかない」とスマホ持ってツイッターしてたら「FGO」の文字が流れて来たので、それをやってみるかーと始めた。今年はFGOとともに始まった。

結果、ゲーム会社に面接を受けに行ったりとかそういうモチベーションにもつながったのだけど、FGO以外にも、毎月様々なことを開始して、まだ俺は人生を楽しめるのか?今後何をして行くべきか?を模索していた。



ゲーム内で常時ついてくるピカチュウ(マシュ・キリエライトさん)が成長するとともに、ああ、俺も色々なとこに行って、人生を楽しんで、動けるうちはまたやって人生をいかないとな。。。という気持ちにはなったので、結果としてよかったんだと思う。








時間をかければなんだってできる。周回遅れだって、自分のペースで楽しんでいいんだ。
そんな単純な人生の仕組みを。FGOは思い出させてくれた。ありがとうディライトワークス





他にも人生2018のトピックをエントリ分けて書いて行く。

・二月にはハワイに二回いった(最近旅行先は海固定になってるため)
・三月にはドラムを毎日三時間叩くやつを開始した
・四月には就職活動を開始し、なんのスキルを身につけるべきか考えた
・五月には
・六月には
・七月には

それぞれそんなノリでまとめていきたい。
退屈な作業でも時間をかければ達成できるのだから!それをFGOで学んだのだから!








Popular Posts