12/28/2017

the scene 奄美大島温泉ホテル



奄美大島温泉ホテルthe sceneで、いまフォロワー数に応じて割引されるキャンペーンやってるので、別キャンペーンで行った当時の写真とともに振り返ってみます。

キャンペーンページ
https://hotelthescene.com/lp54/contact/

産業で:
・ANAマイルでバニラエアの航空券を無料でとっていった(一万マイル消費)
・ホテルは素晴らしく、また、値段と交通の便のせいかほぼ貸し切りだた
・温泉は温度調整に課題ありだけどまあぜいたくでこれもほぼ貸し切りだった

数日間の滞在なので荷物は着替えとパソコンだけ。

バニラエアのチケットを、ANAマイル投下により無料でゲット。
道中、窓から小さな島が見えたりして、それらにも行きたくなりました。
サクッと到着。
島内で栄えているところまでバスで二千円くらい。そっからさらにバス乗り換え。
ホテル側に送迎手配してもらうと1-2万円で確かレクサスで空港まで来てくれる。
島内ではやはり、地方都市のご多分に漏れず、パチンコ屋が目立つ。
軽自動車で島内各地から買い物とエンターテイメントを求めて集まる感じ。
バスは本数が少なかったので、乗り換え待ちで繁華街を散歩するなどしました。
映画館もあったり。
川もなんかやっぱ南国感。
で、南国の島ということは、猫の人も無限に落ちています。
猫氏~
あんまりあそんでくれなかった。
バス待ちでさ迷う。
猫~
遊んでくれなかったのでバスに乗ってホテルのあるエリア向かいます。最南端くらい。
途中、有名なマングローブのなかカヌー乗れるとことかを通過。時間があれば下車してもいいし、レンタカーで空港から来たなら寄ってみてもよいかも。

マンがグローブしている。

でホテル着。バスで古仁屋まで来て、港までホテルの人に迎えに来てもらうか、さらにバスの本数が少ないやつで徒歩圏内まで近づく必要がある(後述)ので、空港からレンタカーがやっぱりいいかも。
チェックン時にいろいろ書かされます。
ウェルカムドリンク。
で部屋。この景色のためだけに正直払う価値はあった滞在費。最高すぎて飽きません。
でまあ、やることといえばパソコンですよね!
太陽と海とパソコン。人生に必要なもののすべて。
太陽と海とパソコン。
で、温泉があるんですよ。
室内にも海が見れるようにぶち抜いて窓付けた風呂があります。
やることがない。
やることがない。
で風呂です。入口こんな。ホテルの建物を一度出て離れまで歩く。
男女で分かれています。残念ですね。
貸切だったので写真。
でまあこういう景色オブ海です。
くそ熱くて入れなかったので、フロントに連絡。。。




氷を持ってきてもらい、熱いお湯を薄めていくスタイル。
海水混じった温泉ということで、ボイラー的な奴も特殊で、調整が難しいとのこと。
氷、空、温泉。




で風呂に入ったのでお散歩です。だれもいない

散歩から帰るとディナータイム。黒糖焼酎のいいのがバーにそろっています。
まんこい
古仁屋という島の最南端の港から、さらにバスでも来れる。ヤドリ浜というバス停まで行くやつは、日に数本なので、ホテル内で飽きたらそれに乗って港周辺のスーパーとかファミレスに行くのもよし。
カヌーでマンをグローブするツアーに参加するもよし。
夜、部屋から外を見るとハート形の何かがライトアップされており。パソコン作業がはかどります。
で起きるとこういう景色。
飽きない。
ヨガマットを敷いて瞑想する台座みたいなやつが外にあり。
でやることもないので散歩すると、座るとこあったり
海を見たり
やることがなかったり。
海を歩いたり(やることがない)
空を見たり(やることがない)
動画を見たり(やることがない)

でまあ、最安で来ようとするとバス二回空港から乗り換えてここにつく。
ヤドリ浜というバス停でググりましょう。本数はすごく少ないのでタイミング合えば。
一日五本。ホテルで退屈したらこれに乗ってお店のあるエリアへ。
こんな景色の中バスはいきます。
レンタカーならこういう撮影スポットにいっぱいよれるはず。。。



で、港にはちょっとうどんとかその辺に生えてる刺身とかを食えるところがあります。
ファミレスでパソコン開くもよし*開きました
ジョイフル、鹿児島県なのでジョイフルの勢力圏内です。
港から、このような船底が窓ガラスになってて海底のぞける観光船が出てます。
これはなかなか良かった。





港には多少観光案内カウンターとか、写真コーナーとかお土産屋さんもあり。


でかえって風呂。



ディナーもおしゃれ。
外を見るとハート形。



で寝て起きて風呂。



朝食。


この右端の白い建物が風呂です。




でバスで帰ります。レンタカーがおすすめ!

いまアッシュヒョークなんだけど行けそうなら行こうっ

京都に来るとなぜか定期的に寄るようになってしまった。 いま叡山電鉄に乗りながらこれを書いています… きらら世界と京都は融合しつつある。 今これに乗って比叡山に向かいながら書いています。 何年前だったか、京都でけんこふさんに会ったら体調が完...