3/12/2018

宇多田光 / KUL / Cities.013



クアラルンプール市内のショッピングエリア、タイムズスクエアあたりの路上、壁に書いてある宇多田光の文字。日本人が海外のヒップホップアーティストを真似て壁を塗るように、宇多田ヒカルをリスペクトしてくれるくらい日本のものを気に入ってくれているし、当然日本人も暮らしやすい。そんなクアラルンプール。



こんな感じの路上に意味不明に宇多田光と描かれています。すぐ近くにはアキバ的ガジェットビルもあり。

クアラルンプールにはもう四十回くらい行っていて、現地人の友達も多いし、何より行くたびにどんどん発展していってるので変化が楽しい。

ショッピングモールには何でもあるので生活の不便はない。ただ、車がないと極端に行動範囲が狭まるとは思う。

現地人の友達が車出してくれることが多いけど、渋滞も結構ひどいのでまあアジアの車社会都市ならではのいつもの感じ。

そしてメシがうまい。何をどう食ってもうまい。中華系、インド系、マレー系の混ざったもの、それら固有のままのもの、なんでもうまい。そして安い。

日本のラーメンも店舗が多くあり、ショッピングモールで気軽に食えたりする。
当然他の国にあるチェーン店もかなりの種類あるし…
映画も最新のやつが見れて、快適。
ミュージシャンの友達に連れられて楽器屋巡りをした。
さらには、現地でスタジオ持ってる友達のところに遊びに行ったりとか
いつかまたレコーディングしに行きたいなー


ミッドバレーにあったお気に入りのラーメン屋

都心のホテルは周辺国と比べても安い。
友達のライブに呼ばれたりした。クルマがないとこれもほぼ見に行けない立地

で例のツインタワーには一回も登ったことがないけど、周辺のご飯屋さんとかショッピング関係は充実してるので頻繁に行く。
カレーチェーンの「NZ」チキンがうまくて滞在ごとに毎回寄る。



という感じに、クアラルンプール市内は交通がちょっと不便ではあるものの、コスパよく快適に過ごせるしメシもうまい。

そのため、クアラルンプールを拠点に周辺のいろいろな場所に行ったりした。シンガポールまで数千円で行けるし、マレーアイア国内やタイまでもかなり安く行ける。なぜならエアアジアの本拠地があるからだ。
一例として、2017年はクラビとプルヘンティアン島に行った。クアラルンプールから空港までは電車で一本、わかりやすく間違えようのない路線で行ける。
空港ついてからチケット買ってもいいし、キャンペーンを利用して事前に安く予約しといてもいい。

空港内は便利で早朝や深夜便に対応するため簡易宿泊施設のカプセルホテル的なやつに泊まれたり、併設のちゃんとしたホテルもある



以下、クアラルンプール市内で一泊してからの一例
まず起きたらカレー食って

空港までバスなり友人の車で移動

天気を調べながら、行き先を変更したりもした
クラビに行こうと思ってたのだけど天気はずっと悪そうだったので、そのうち行こうと思っていたプルヘンティアン島に。














お猫様と遊んでいただき…



ヤシの実とってるのを眺め…

夕日が沈むのを見て…

またお猫様に遊んでもらい
適当に安いチケットのタイミングを見て、クアラルンプールへ帰る。このときは四千円の航空券。
で、変な時間に空港ついたり到着時に眠ければ、前述のカプセルホテルが空港内にあるのでそこで寝る


でこれも前述のnzというカレー屋が空港内にあるので朝からカレー

このときは起きたら市内に戻って映画見たり
たこ焼きくったり
OPPOのムスリム女性向け広告を見かけたり
現地の友達とお茶したり







マンゴー食わされたり
フォロワーに会ったり


で帰国。




とりあえずやっつけで下書きを更新しつつまた追記予定。

いまアッシュヒョークなんだけど行けそうなら行こうっ

京都に来るとなぜか定期的に寄るようになってしまった。 いま叡山電鉄に乗りながらこれを書いています… きらら世界と京都は融合しつつある。 今これに乗って比叡山に向かいながら書いています。 何年前だったか、京都でけんこふさんに会ったら体調が完...