Skip to main content

Posts

Featured

人生2018 なぜ旅をするか、なぜ一つのことを続けないか

発達と田舎の話 - tokisabaのブログ http://hackerhouse.hatenablog.com/entry/2018/12/26/155420


わかりみしかない。けど俺はあんまり自分が発達なんとかやADSLみたいなアレがみたいな観点で考えたことないから、みんな苦労してんだなーと思った。

何十回も引っ越したり毎週海外に行ったりはまさにこれの症状なんだけど、一回くらいそういう切り口でまとめてみたい。

結構もう処世術というかそれを踏まえてどう対処するか固まっちゃった部分あるけどなー

俺自身は「定形=同じこと続ける、みんなと同じが正しい」な人たちと自分が違うと子供の頃から自覚してて、結論として「アリとかその他いろんな生き物が役割で分化してるみたいなもんだな」と昆虫採集しながら結論づけて、「なら俺は俺で俺の役割をやろうかなー」と行動してきた感じなので…


人類全体の繁栄を考えた場合、維持するやつと発展させるやつの両方が必要で、「常識に沿って行動を規定する、みんなと同じが、普通がベスト」とする個体に分化したほうの人類は「維持」を行う。

でもそればっかだと種として行き詰まってしまうので、突然いつもと違うことをする落ち着きのないヤツがたまに必要で、それで誰かが農業とか狩猟とか電気とか衣服とか道具とかパソコンを発明したと思うんだけど、それらはだいたいの場合「常識を疑い、新しいことをやりたがり、落ち着きがない」タイプの個体分化したほうの人類が「発展」を担っているのだと思う。

「発展」に関して言えば、野口英世が普通を目指していたら撲滅されていない病気もあったと思うし、ゲイツやジョブズが普通を尊んでいたらパソコンやスマホは全世界に違った形で現れていたかそもそも存在せず紙を使って仕事をしてたと思う。

そんな大きな話じゃなくても、たまに新しい狩場を探すとか、新しい土地で違う植物栽培開始してみるとかそういうヤツがいなければ納豆とかチーズとか「これ軽く放置したら美味くなった!」って突き詰めて考えて新しいことを試していったやつが過去にいたんだと思う。うなぎとかナマコ食ってみたやつとかも。

ある一定の人口とか条件が揃ったときそういう分化が起きるのではないか?と思っていて、何らかの今当たり前になってる道具とか慣習とか宗教とかが発生したときにに、それらを頑張って突き詰めて考えたりした人…

Latest Posts

人生2018.02 往復二万の航空券でハワイに行き現地のババアと老後について語った

人生2018.01 / FGOで人生を学び直した #現在の弊カルデア2016

Play with it / ENGLISH IS TIME.03

This is a pen! / ENGLISH IS TIME.01

Break the mental barrier. / English is time.02

serial experiments お前ら(ネットで幸せになったのだろうか)

#何もわからない夏2018